09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

料理の写真を美味しそうに編集してみる。(その1)

2014/03/26
スマホとかで料理の写真を撮った時、その場では『上手く撮れたっ^^』と思っていても、いざパソコンに転送してみたら、なんだか暗い…とか、なんだかぼやけている…とかいうことがあります。

そんな時に、編集作業でリカバーしてしまおうっ!...というのが次の方法です^^

今回の題材は、アップルパイ。
お菓子の写真を撮るとき、わたしは白いアクリル板とか、大きな白い皿の上に乗せて撮影してます。
そして、外からの光は遮断。灯りは基本的に室内の白色蛍光灯だけです。

◆元の写真
未編集の写真
わたしのスマホカメラには、ホワイトバランスがついていないので、こんな感じで薄暗く写ってしまうことが多いんです。

これを、なるべく美味しそうに見えるように編集してみようと思います。
使っているソフトは、『PhotoShop Elements11』ですが、GIMPのような無料ソフトでも同じようなことはできると思います。

◆Step-1
PhotoShop Elements1であれば、最初のうちは、『クイックメニュー』で編集するのが楽だと思います。
スタート
まずは、この暗い感じをなんとかしたいところ。
画面右のメニューから、『露光量』をクリックします。
9つの明るさサンプルが出てきますので、良さげなものを選びましょう^^
ちなみに、サンプルの上には、スライドバーもありますので、微調整も可能です。

◆Step-2
個人的な露光量の目安は、背景が真っ白になるレベルにしています。
今回は、露光量"2"にしてみました。
露光量補正

◆Step-3
Step-2で明るくなりましたが、なんだか黒く焦げたようなところが気になります。
あまり美味しそうに見えません・・・(ーー;)

ということで、暗い部分だけを少し明るくしてみたいと思います。
レベル補正
画面右のメニューから、『レベル補正』をクリックします。
さらに、『シャドウ』のタブを選択します。
やはり9つのサンプルが出てきますので、良さげなものを選びましょう^^
そしてやはり、サンプルの上には、スライドバーもありますので、微調整も可能です。

今回は左下を選択してみました。
焦げた感じがやわらいでいるのがわかると思います^^

◆Step-4
Step-2、Step-3で明るくしまくったせいか、なんだか少し白くかすんだ感じになってきました。
少し温かみを出してみたいと思います。
カラー補正
画面右のメニューから、『カラー』をクリックします。
さらに、『自然な彩度』のタブを選択します。
9つのサンプルの、左上から右下に行くにしたがって、色が鮮やかになっていきます。

今回は左下を選択してみました。
少し赤みを帯びた感じになったと思います^^

◆Step-5
色の調節は出来たのですが、このままではサイズが大きすぎてブログ向きではありません。
画像解像度を圧縮します。
「イメージ」→「サイズ変更」→「画像解像度」
を選択して、画像解像度ウインドウを開きます。
画像解像度
ブログ用としては、個人的には640~800pixelくらいが良いように思います。
チェック部分を含めて、↑の画像のような設定がオススメです^^

◆Step-6
最後の仕上げです。
これをやるのとやらないのでは、写真の鮮明度が全く変わってきます。
「画質調整」→「アンシャープマスク」
を選択して、アンシャープマスクのウインドウを開きます。
アンシャープマスク
量、半径、しきい値は、題材によって適した数字が異なるのですが、わたしはだいたい↑の画像のような設定値にしてることが多いです。(しきい値は"1"にしてることが多いかも?)
数字をいろいろ動かしてみて、どんな感じに変化するのか試してみると良いと思います^^

◆Step-7
完成ですっ!
どうでしょう?ちょっと美味しそうに見えるようになったと思うのですがっ^^
完成!

とりあえず、今回はとっかかり的な簡単にできる編集方法を載せてみました^^
スポンサーサイト
13:38 15. 画像編集関連 | トラックバック(0)